公益社団法人 高知県自治研究センター 

高知自治研究センター
トピックス
2017/9/13


2017年(平成29年)911日に、尾﨑高知県知事に対して、高知における少子化対策に関する政策提言書を提出しました。

高知県自治研究センターでは、
2015(平成27)年2月から、2016(平成28)年12月にかけて、「少子化の流れに抗して」と題する連続シンポジウムを全7回開催し、高知における地方創生のあるべき姿について学んできました。そして、全連続シンポジウムを踏まえ、政策提言として、「仕事」、「子育て支援」、「教育」、「支え合いの仕組み」、「コミュニティと地域づくり」の5点および、「高知県の立ち位置」について、考え方を取りまとめたものです。


提言の内容に対し、尾﨑知事からは、「共感できることがほとんどであり、同じ思いで取り組んできた。人口が減少はするが、減少する中でも拡大していける経済をつくることが大事。また、人口の減少の中にあっても、生産年齢の比重を上げるなど、年齢構成を変えていくことも必要である。」などの意見をいただき、その後、意見交換を行いました。


P1310195.JPG  P1310200.JPG


政策提言書.pdf

ページ紹介

センター概要

センター概要

当センターの概要について紹介しています。

活動記録

活動記録

当センターの活動記録について掲載しています。

通常総会

通常総会・定時総会

当センターの通常総会について資料等を掲載しています。

事業報告

理事会

当センターの理事会について資料等を掲載しています。

事業報告

セミナー・シンポジウム

当センターが行った事業を報告、紹介しています。

調査研究活動

調査研究活動

当センターが行った調査、研究活動を紹介しています。

機関紙

機関紙

当センターが発行する機関紙『自治研こうち』、『黒潮ニュース』をご覧頂けます。

お問合せ

お問合せ

当センターへのお問合せ