トピックス

「デジタル改革関連法」で個人情報はどうなる?講演会を開催します(2021.9.11)

「デジタル改革関連法」が先の通常国会で成立した。が、デジタル化の推進は良いとしても、個人情報保護の規制が緩められることには強い危惧を抱かざるを得ない。個人情報収集について「本人同意」の原則が撤廃される一方で、行政や民間による情報の利用はより容易になり自由化されるが、本人の知らないところで個人情報が収集され、その利用への監視機能も十分でないとしたら…。「デジタル改革関連法」の問題点と、私たちが自分の情報を護る手立てについて考える。

日時2021年9月11日(土)13時30分~15時30分
場所三翠園
講師三木由希子
参加費無料
参加申込オンラインによる申込みはこちら

・参加申込書をFAXで申込み
 参加申込書 FAX 088-822-6460

・メールでの申込み
 e-mail info@kochi-jichiken.jp
申込締切2021年9月8日(水)
チラシ「デジタル改革関連法」で個人情報はどうなる?

定員50人(先着順)で、密を避けた会場設定で開催します。またオンラインによるライブ配信も合わせて行います。

コロナ感染状況によっては開催そのものや開催方法が変更になることが想定されますので、必ず連絡先の電話番号をご記入ください。またオンラインでの視聴を希望される方は、後日(開催1週間程度前)、視聴用のアドレスを送信いたしますので、必ずメールアドレスをご記入ください。

高知の働く男性の調査‐結果公表シンポジウム(2021.7.3)

日時2021年7月3日(土)13時30分~16時30分
場所三翠園 1階桜の間
講師森田美佐(高知大学教授)
内容13:30~14:30 働く男性の調査結果公表
14:30~16:30 パネルディスカッション

近年女性活躍が推進される中、県内で働く女性がどうすればより働きやすく、暮らしやすい社会が形成されるのか、県内で働く女性を対象に2018年にアンケート調査を実施し、傾向や課題などの検証を行ってきました。しかし、真に女性が活躍できる社会を構築するためには、男性の意識や働き方の実態も大きく影響することから、県内で働く男性を対象に2019年にアンケート調査を行いました。その結果の公表シンポジウムとパネルディスカッションを開催しました。

関連記事